ローリング20が蘇るビーズドレス

1920年代ファッション

1920年代

アメリカで「ローリング・トゥエンティー」【Roaring Twenties】と呼ばれる時代。 黄金の20年代とも。
ジャズエイジ 摩天楼 禁酒法 ギャング ベーブルース チャップリン フラッパー ディートリッヒ ガルボ ビーズドレス シャネル ラジオ キャバレー シカゴ  チャールストン エルテ フランク・ロイド・ライト レオナール藤田 カルティエ

1920年代はお洒落な大人のファッションが隆盛を極めた時代です。 日本で言えば大正時代から昭和に入る頃、男性は三つ揃いのスーツとハット(ボルサリーノ)女性のファッションはシャネルの新しいデザインによって、スカート丈が短くなり、より活動的になりました。

ボブヘアや、ウェーブの入ったショートヘア、メイクはアイシャドウを上下入れて、 極端に細い眉(ガルボやディートリッヒ)唇はボルドーの赤。 へッドドレスと長いイヤリング、ブレスレット、ネックレス等

~1920年代ファッションの魅力満載の映画
The Great Gatsby 予告編~

アメリカでは女性の参政権が出来たからか、男装の令人(ディートリッヒの燕尾服姿など)も出現しました。
前を進んでいる人たち(アバンギャルド)は、ファッションと時代を自分達で作って行きました。

夜ともなるとキャバレーやナイトクラブへ、超お洒落人間が集まりました。 貴族も一般人も(と言ってもお金持ち…)中にはギャングやその情婦も。
楽団がジャズを演奏し、踊り子や歌手のショー、シャンデリア…

私は、その頃のファッションを愛しています。なにしろ美しいから。

DRAMATICについて

DRAMATIC は、1920年代ファッション専門のネットショップです。
全ての商品はヴィンテージやアンティークではなく当時のデザインを基にして、現代に作られた新品を海外から直輸入していますので安心してご購入下さい。

DRAMATICを始めたのは、私の結婚式でのウェディングドレスとお色直しにビーズドレスを着たことです。

最初は白いパールとビーズで出来たドレス。
背中がお尻の手前まで開いていましたが、長いレースを羽織ることで、とても上品で趣のあるスタイルになりました。
お色直しはがらりと変わって黒と金のビーズドレス。
ドレス一つで結婚式場がまるでNYのコットンクラブのような雰囲気になり、皆、びっくりしながらも女性の方々はうっとりしていました。
ブーケも最初はカサブランカの生花、後の黒金ドレスには真っ赤な薔薇と黒い葉っぱのブーケ、かっこ良かったと自負しております。

他人と同じものは着たくない。個性的で、なおかつ華やかなドレスを着たかったのです。

その後、自身が主宰するダンス教室でも衣装として1920年代ファッションを数多く使ってゆく中で、
私と同じ想いの女性も数多くいらしゃることを知り、DRAMATICを立ち上げました。

DRAMATICからのメッセージ

DRAMATICのドレスと小物類は貴女の夢を現実にします。
1920年代ファッションは、貴女をシネマの主人公のように華やかに彩ります。

ダンス等の衣裳としても、パーティドレスとしても、人とは違ったドレスをお探しの方。
華やかで上品である事、個性的である事、美しく都会的である事、全てをクリアしたい方。

心を込めて、DRAMATICのドレスをお勧めします。

大量生産品ではありませんので、気に入った商品があれば早めのご購入をお勧めします。
また、「こんなドレスが着たい!」という方。お時間を頂ける場合はご要望に近い商品をお探しすることもできますし、
当店でオーダー製作も可能ですので、ショッピングページのお問い合わせから、お気軽にメールまたはお電話下さい。

貴女の日常をドラマティックに彩るドレスをご提供できれば、それ以上の幸せはありません。

DRAMATIC 代表 RITSUKO

ドレスのお手入れについて

日常のお手入れについては、柔らかいブラシや乾いた布で汚れを落として頂くだけで充分です。
汚れやシミが気になる場合、専門のクリーニング店に出されることをお勧めします。
一般のクリーニング店では取り扱いミスの可能性がありますので、お友達に貸される場合は「クリーニングしないで返却」とお伝え下さい。
当店で専門クリーニング業者さんのご紹介も可能です。